公式アロマショップはこちらから >> click

アロマを使った手作りバスボ厶が失敗……崩れない成功の秘訣は◯◯にあり! 作り方を詳しく解説

当ページのリンクには広告も含まれています。

バスタイム中も好きな香りを楽しみたくて、手作りアロマバスボムを作ってみたけれど…

手作りしたアロマバスボムでよくある失敗

  • 作ってる際中からシュワシュワしてきた
  • バスボムが固まらない
  • お湯に浸けた途端にすぐに崩れてしまった

などなど、思うようなバスボムが完成しなかったことはありませんか?

今回は、「アロマバスボムの失敗しない作り方」を5つのポイントと共にご紹介します。

ナビ

この記事を参考にワンランクアップしたオリジナルのバスボム作りに再チャレンジしてみてくださいね。

目次

手作りのアロマバスボムを失敗させない秘訣5箇条

まず始めに、失敗しないバスボム作りで大切なポイントとなる、

手づくりアロマバスボムを成功に導く、5つの秘訣からお伝えします。

バスボム作り 成功の秘訣5箇条

  • 材料に片栗粉をプラス
  • 水分調整は霧吹きがベスト
  • バスボム成形は計量スプーンを使う
  • 手早く作業で発泡力キープ
  • 製作中の発泡を防ぐ材料の混ぜ方

上記5つのポイントをおさえれば、失敗しないアロマバスボムが作れます

ナビ

それではさっそく、バスボム作りに必要な材料と道具を揃えていきましょう。

失敗しないアロマバスボム作りに必要な材料と道具

最初に、バスボム作りに必要な材料と道具を揃えます。

ナビ

バスボム作りを成功させるために、
欠かせないアイテムもあります。

その理由も、一緒に解説していきますね。

失敗なし アロマバスボム作りに必要な材料

アロマバスボム
約4cmの大きさ5個分のレシピ

  • 重曹
    • 100g
  • クエン酸
    • 50g
  • 片栗粉
    • 25g
    • 適量
  • 精油
    • 10滴まで
  • 霧吹き
  • 計量スプーン(大さじ)
    • 2個
  • ビニール袋
    • 1枚
  • 食紅
    ※バスボムに色付けしたい場合

\\ 作り方をすぐに見たい方 //

手順にジャンプ

ナビ

アロマバスボムを作る材料に片栗粉を加えることが成功ポイントの1つ目です。

成功ポイント1 片栗粉を材料に加える理由

片栗粉は、吸湿性が高い性質があります。

バスボム作りの材料に、片栗粉を加えることで、材料を混ぜ合わせた際の、余分な水分を吸収してくれます。

片栗粉は、バスボム作製中から発泡してしまう現象を抑える役割をしてくれます。


成功ポイント2 霧吹きを使用する理由

バスボムは、材料に最適な量の水を加えて、固めていくのですが、

この水加減の調整がむずかしく、少なすぎると材料が上手くまとまらず、多すぎると作製中から発泡してしまうなど、失敗の原因となります。

霧吹きを使うことで、材料全体にまんべんなく水分を馴染ませることができるので、作業スピードもアップします

霧吹きは、水分調整が原因でバスボム作製中の発泡や固まらない失敗を回避してくれる重要アイテムです。

微細なミストで水分調整が簡単おすすめ

¥1,499 (2024/02/05 14:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

成功ポイント3 計量スプーンを使用する理由

計量スプーンは、バスボムの形を整える工程で使用します。

計量スプーンを使う理由は、よくある失敗の原因、「材料がうまくまとまらない」を解決するため。

バスボムの成型にビニール袋を使用する方法もありますが、圧縮が足りなかったり、力を込め過ぎて袋が破けたり、作りにくいので、おすすめではありません。

計量スプーンは素材をしっかり圧縮し、固めてくれるので、お湯に浸けた時にすぐに崩れてしまう失敗も回避できます。

専用型で作りたい時はこれがイチオシ!

¥1,403 (2024/02/12 11:14時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

手作りアロマバスボムを失敗させない作り方

材料の準備できたら、バスボム作りを始めます。

と、その前にまずは、

バスボムの失敗しない作り方のポイント4つ目である、「手早く作業すること」ができるよう、作り始める前に一連の手順を確認しておきましょう。

成功ポイント4手早く作業の理由へジャンプ

ナビ

各ポイントの詳しい解説はジャンプボタンから確認できます。

アロマバスボム
約4cmの大きさ5個分のレシピ

STEP
各材料の計量
※写真では数回分の量をまとめて作製しています

ボウルに、クエン酸を50g
ビニール袋に、重曹100gと片栗粉を25gを計り準備します。

STEP
重曹と片栗粉を混ぜる

バスボムに色付けしたい場合は、食紅もいれましょう。

重曹と片栗粉を袋の中で混ぜ合わせます。

STEP
クエン酸に水と精油を混ぜる

計量したクエン酸に霧吹きで水を吹きかける。
さらに精油を加えて、泡だて器で混ぜ合わせる。

水の分量は霧吹きの形状や、作業部屋の湿度の違いで変わります。

クエン酸に、まんべんなく水をかけて全体的に湿っぽい印象になる目安で加減してください。

成功ポイント5 クエン酸にだけ水をかける理由の解説へ

STEP
すべての材料を合わせる

クエン酸の入ったボールの方へ、STEP2でビニール袋で混ぜ合わせた重曹&片栗粉を入れて泡だて器で混ぜ合わせます。

この時、水分が少ないと感じたら少量から水を足してその都度よく混ぜ合わせてください。

目安は、手でギュッと握れば、まとまる程度の固さ。

STEP
バスボム型に材料を入れて成型

バスボム型にスプーンで材料を入れてしっかり押し固めます。

この時、固める力が弱いと、お湯に入れた瞬間にバスボムが崩れてしまいますのでここはしっかり圧をかけて固めます。

ナビ

型を使っているので、しっかり押し固めれますね!

STEP
乾燥させる

成型後は、半日程度、乾燥させて完成です。

乾燥させる際も、空気中の水分を吸ってしまわないように、直射日光を避けた、通気性の良い場所での保管がおすすめです。

完成!

アロマ香る、素敵なバスボムの完成です!

失敗しないアロマバスボム【まとめ】

今回は、バスボム作りでよくある失敗を解決する作り方をご紹介しました。

バスボム作りの成功にかかせない、秘訣のおさらいと、作製中の注意点をまとめました。

ナビ

ポイントを押さえて、アロマ香る、オリジナルバスボムを作ってみてくださいね。

バスボムを作る際の注意点や、成功するためのポイントのおさらい

バスボム作り 成功の秘訣5箇条

  • 材料に片栗粉をプラス
  • 水分調整は霧吹きがベスト
  • バスボム成形は計量スプーンを使う
  • 手早く作業で発泡力キープ
  • 製作中の発泡を防ぐ材料の混ぜ方

作製中のポイント&注意点

材料を混ぜる順番で製作中の発泡が抑えられる理由

よくあるバスボムの作り方として、「クエン酸・重曹・水」を同時に混ぜ合わせる手順がありますが、クエン酸と重曹が水に反応しやすく発泡が始まってしまいます。

先にクエン酸に水と精油を加えて、クエン酸に水分を吸収させておくことで、あとから混ぜ合わせる重曹に、水分が触れにくくなり発泡反応を抑えることができます。

そして最後に、片栗粉をまとわせた重曹と水分を含ませたクエン酸を混ぜ合わせることで、製作中の反応をできるだけ防ぎ発泡を抑えます。

手早く作業すること

材料や道具を工夫して失敗を回避しても、作製中の作業スピード次第で材料がまとまらない、発泡が始まってしまうことがあります。

材料の計量や道具は事前に準備し、作り方の手順も製作前に、一度確認しましょう。

手作りアロマバスボム Q&A

最後に、手作りバスボムに関する疑問点について解説します。

一回分の使用量は?

浴槽の湯量・150~200Lに対し、バスボムの使用量は、2個が目安です。

敏感肌の方、乳幼児が入浴する時は使用数を減らすなど、調節してください。

作ってから何日保存できる?

アロマバスボムの保存期間は、約1週間程度です。
完成したバスボムは保存期間がたつにつれ、発泡する力が弱まります。

早めに使い切るようにしましょう。

完成したアロマバスボムの保管方法は?

バスボム完成後は、密閉容器に入れて保存し、直射日光や湿気を避けた場所で保管してください。

バスボム アロマ作り
ナビ

乾燥材も一緒に入れておくと、保存容器内の湿気対策になりベストです!

アロマは何滴入れるの?

お好みの精油を10滴まで入れられます。

肌の弱い方、乳幼児が入浴する時は、精油の量は少なめにするか、精油の使用はせずに、製作してください。

バスタイムにおすすめのアロマ精油は?
  • リラックスしたいとき
    • ラベンダー
  • エイジングケアに
    • フランキンセンス
  • デトックスしたいとき
    • ジュニパーベリー
ナビ

10滴以内で数種類の精油をブレンドするのもおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

[年齢]
思春期kids子育て真っ只中アラフォー

[資格]
AEAJアロマテラピーインストラクター
訪問介護員2級養成研修課程修了

[経歴]
ナチュラルコスメ販売員をしながら、アロマインストラクターの資格取得。クラフト講師としてワークショップを担当、テレビ番組への出演など、様々な活動を行ってきました。

香りが好き、手作りが好きなアロマテラピー超初心者さんへ、アロマの効果と活用法を発信しています。

コメント

コメントする

目次