公式アロマショップはこちらから >> click

アロマオイルの劣化を早める原因と正しい保管方法

当ページのリンクには広告も含まれています。
アロマオイル 劣化 保管方法

こんにちは。アロマテラピーインストラクターのナビです。

皆さんは、アロマオイルに正しい保管方法があることを知っていますか?

植物から採り出した天然の香り成分であるアロマオイルは、保管方法を誤ると劣化スピードを早めてしまう事も…

ナビ

そこで今回は、アロマオイルの劣化を早める原因と、劣化を防ぐ正しい保管方法をお伝えします。

この記事を読むと…

アロマオイルの保管に適切な場所を
あなた自身で判断できるようになります。

劣化を防ぐ使い方の基本も知ることができますので
ぜひ参考にしてみてください。

目次

アロマオイルの劣化を早める原因

保管方法を知る前にアロマオイルの性質を少し知っておくと扱い方が分かりやすくなります。

・ アロマオイルがどんな環境に弱いのか

・ 実際にあった誤った保管方法の一例

について書きました。

アロマオイルの劣化を早める 苦手な環境

アロマオイルが劣化する要素は主に4つあります。

アロマオイルが劣化する苦手なもの

 ・ 日光(紫外線) ・ 空気 ・ 

これら4つのうち1つでも当てはまるような場所は
アロマオイルの保管には適していません。

温度湿度の高い場所

直射日光の当たるところ

また空気に触れる時間が長くなるような使い方も
苦手な 空気中の酸素 に触れ劣化を早めます。

このような誤った保管方法でアロマの成分変化は早まり
使用期限内であっても劣化してしまうのです。

ほんとうにあった!誤った保管場所の話

これはアロマテラピーを楽しみ始めた、友人から相談された時のお話です。

友人からの疑問

2か月前に何種類かアロマオイルを購入したんだけど、ベルガモットの精油がドロッとしてきて、
香りも薄く感じる…これは普通?

使い始めて2か月でそれはおかしいね…
何か原因があるかも><
もう少し詳しく聞かせて~!

そこで判明したことは…

ベルガモットのアロマが酸化、古くなった原因は、友人がアロマオイルを保管していた場所でした…

劣化 アロマ 保管場所

友人は、アロマオイルの瓶が可愛い!窓辺に並べて飾っていたそう。

さらにそのお部屋は、窓の上にエアコンがついていました。

友人がアロマオイルを保管していた場所は、

  直射日光 ・ 高温、気温変化の激しい環境

アロマオイルの苦手な
劣化を早める2つの要素がある場所だったのです。

また、友人はこんなことも話してくれました。

友人

手持ちのアロマの中でベルガモットだけに変化を感じたよ。

それはオレンジやレモンなどの柑橘系の香りは、
特に劣化スピードが速いので、一番はじめに変化が現れたのでしょう。

この保管場所では、きっと他のアロマオイルも、使用期限より早く使えなくなっていたと思います…

ナビ

劣化を早める「4つの苦手」を知るだけでも、保管場所、使う際に注意するポイントが少し分かるようになりますね。

では、どんな保管方法であれば、アロマオイルの急速な劣化を防ぐことができるのか?

次は正しい保管方法を解説します。

アロマオイルの劣化を防ぎ香りを長く楽しむ正しい保管方法

アロマオイルの4つの苦手を避けたアロマオイルの正しい保管方法とは?

保管方法の基本ポイントを2つにまとめました。

アロマオイルにとって最適な保管場所

まずはアロマオイルを保管する最適な場所

それはズバリ!冷暗所です。

直射日光が当たらず温度変化も激しくない場所
収納スペース、引き出しの中が冷暗所になります。
梅雨時期や湿気が気になる時は
除湿剤を置くなどすると、

アロマの苦手な  を避ける
対策になります。
アロマ 保管 使い方

劣化とは関係ありませんが、
お子様やペットの手の届かない場所選びも大切です。

収納には木製ケースがおすすめ

アロマオイルが数種類ある方はケースに収納し、
冷暗所で保管がおすすめです。

アロマオイル 収納ケース

私はこんな感じで木製ケースに収納し、
お家の中で一日を通してひんやりしている和室の棚に
保管しています。

木製ケースがおすすめの理由

・蓋つきでホコリや湿気からアロマオイルを守れる

・日光を遮断できる

・数種類のアロマをブレンドしたい時など
持ち運びに便利

先ほど写真で紹介した収納ケースは
アロマオイル専用ではありませんが使い勝手バツグン!

そしてなんと!
100円ショップのアイテムでお安く簡単に作れるんです♪

あわせて読みたい
アロマオイル(精油)の収納ケースを100均(セリア等)でお安く手に入れる方法 こんにちは。アロマテラピーインストラクターのナビです♪ 香りのブレンドやスキンケアで、アロマオイルの使う頻度と本数も増え始め、まとめて収納できるケースが欲しく...

劣化を防ぐ正しい使い方

アロマオイルを使った後はしっかり
蓋を閉めましょう。

ナビ

お家の中で正しい保管場所は、見つけられましたか?

次は、劣化を防ぐアロマオイルを使う時のポイントです。

瓶の出しっぱなし、蓋の閉め忘れは
空気中の酸素に触れる時間が長くなり
劣化を早めます。

アロマオイル ディフューザー

使用後はすぐに蓋を閉め、収納しましょう。

劣化する前に使い切るためのひと工夫

アロマオイルは開封したら、期限内に早めに使い切るようにしましょう。

数種類のアロマオイルがある方は、開封日をメモしておくのがおすすめです。

アロマオイル 種類

100円ショップなどで購入できる丸いシールに、開封日と香り名を記入すると、うっかり使用期限が過ぎて劣化していた!なんてことも防げます。

まとめ

今回の記事では、
劣化を防ぎ、香りを長く楽しむための
「アロマオイルの保管方法」についてお伝えしました。

ナビ

記事の内容をまとめましたのでもう一度、チェックしてみてください^^


本日のおさらい

アロマオイルの劣化を早める原因と正しい保管方法

分からなかったところは再チェック!
文字をクリックすると各項目にジャンプできます。


劣化を早める原因は日光(紫外線)空気

保管場所は「冷暗所」

使用後はアロマオイルの蓋をしっかり閉める

期限内に使い切れるよう、開封日の記録をしておく

誤った保管方法は、アロマオイルの劣化を早め、使用期限内であっても、使えないものになってしまいます。

期限切れや、劣化したアロマを使うと害になることも…

開封後の使用期限など、
こちらの記事で詳しくお伝えしていますので
よろしければご参考にどうぞ♪

あわせて読みたい
期限切れのアロマオイルにはどんな害があるの? 【期限切れのアロマオイルにはどんな害があるの?】 ステイホームが続く中、癒しアイテムやおこもり美容として、アロマテラピーにハマった方も多いのではないでしょうか...
ナビ

アロマのある毎日を安全に楽しむために、今回お伝えした内容が、少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

[年齢]
思春期kids子育て真っ只中アラフォー

[資格]
AEAJアロマテラピーインストラクター
訪問介護員2級養成研修課程修了

[経歴]
ナチュラルコスメ販売員をしながら、アロマインストラクターの資格取得。クラフト講師としてワークショップを担当、テレビ番組への出演など、様々な活動を行ってきました。

香りが好き、手作りが好きなアロマテラピー超初心者さんへ、アロマの効果と活用法を発信しています。

コメント

コメントする

目次