KAFについて

NPO法人関西アロマセラピスト・フォーラム(KAF)とは

関西アロマセラピスト

経済成長やITの進歩により、効率や結果優先の物質主義的な社会になり、その結果高齢者から小さな子どもまでがストレスをかかえています。精神科、心療内科の患者が増えうつ病が増加し、自殺者が毎年3万人を超えるなど、慢性疾患や心理面が関与した疾患は、高度な医療をもってしてもなかなか治らない現状です。これからの時代を担う子ども達への影響を見ても児童虐待や育児放棄などの悲惨な事件も目にするようになりました。

昔から「病は気から」と伝えられ、精神神経免疫学の研究からも、心と身体が密接に関係していることがわかってきました。

アロマセラピーで使用する精油には薬理作用があり、身体面と心理面の両方に効果を及ぼします。また、アロマセラピストがトリートメントすることにより、手当ての作用やアロマセラピスト自身が癒しのコーディネーターとなり効果を倍増させます。

また、患者さんの中にも西洋医学を補う補完・代替療法を試みたいと希望する人も増えていますが、残念なことに日本では認知度も低く、日々の看護に取り入れようと奔走している看護師もいますが、研修システムが確立しているわけでもなく、それぞれが手探りで実践しているような現状です。

このような状況から平成16年3月よりメールマガジン「アロマセラピー診療日誌」を発行し、毎週アロマセラピーにまつわる情報を掲載、現在1,000人以上の登録があります。また、大門医院内において、妊娠中や出産後、手術後の苦痛がある方へのアロマセラピーを行なってきました。

そして、2008年、6月。

大阪、神戸、京都を拠点として活動するアロマセラピストと、アロマセラピーを院内や併設施設で提供し、日本アロマセラピー学会の役員を務め、症例発表や研究などを続けている医師たちの協力を得て、『特定非営利活動法人関西アロマセラピスト・フォーラム』を設立致しました。

関西アロマセラピスト

アロマセラピーを必要とする人や学びたい人等に対して、アロマセラピストの育成・支援事業、アロマセラピストのネットワーク構築事業、親子の絆を育むタッチケア事業、セルフケアを中心とした健康増進事業、アロマセラピーに関する調査研究・情報提供事業等を実施することにより、心と身体を一体としたホリスティック(全体的)な視点によるアロマセラピーをはじめとする補完・代替療法の健全な発展と普及並びに健康福祉の増進に寄与すると共に、アロマセラピストの一層の社会的地位向上に努めてまいりたいと思います。

KAF顧問

特別顧問

・今西 二郎 明治国際医療大学付属統合医療センター長

・山口 創 桜美林大学 リベラルアーツ群教授

顧問

・黒丸 尊治 彦根市立病院 緩和ケア科部長
NPO法人日本ホリスティック医学協会関西支部長

・田村 裕樹 滋賀医科大学家庭医療学講座 准教授
サイモントン療法 スーパーバイザー

・澤田 いずみ てらのうち診療所ファミリークリニック所長

KAFの目指すもの

私たちは、アロマセラピストとして生きるあなたを応援しています。
アロマスクールを卒業したが、実際のクライアントさんや、患者さんを前にどうしていいか分からない。
妊婦さんに対してアロマトリートメントをしてあげたいけれど、自信がない、そんな相談をよく受けます。これは、机上の勉強のあとの研修の場がないからです。

KAFの目指すもの

そんなアロマセラピストの不安を解消し、共に学びあえる場として、先輩アロマセラピストと交流し、クリニック併設施設にアロマセラピーを導入している医師たちとの情報交換から、アロマセラピストとしてのスキルアップを目指しています。

そこには、人間を精神的、肉体的、社会的、魂的など全体としてみるホリスティックな視点と、ホスピタリティの精神が欠かせません。人を慈しみながら、人を尊重し、今を感謝する心で、クライアントの成長をサポートできる真のアロマセラピーをご一緒に目指してみませんか?

ダウンロード

  • KAFについて
  • スタッフごあいさつ
  • 事業紹介
  • 会員登録について
  • アロマセラピスト保険
  • KAF入会のFAQ
  • お問い合わせ
  • スタッフブログ
  • ラヴィングベビータッチ教室
  • ママコミ
  • Web studio Voice